グループ展に参加します!
b0132351_23440576.jpg
3月10日〜13日、
茨城県大洗町から岩手県大船渡市まで、
できるだけ海に近い道を北上しながら、
写真を撮ってきました。

その時の写真の一部(仙台で撮影した3枚の組写真)を、明日から一週間グループ展で展示します。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
場所は新宿御苑のM2ギャラリーです。

Traveling 3/旅しないカメラ
3月23日〜29日 12:00〜19:00
http://m2.placem.com/schedule/2015/20150323/150323.php

旅の間、車をひたすら走らせながら感じたのは…

まだ至るところが工事中で、
工事車両と工事関係者がたくさんいること。
ほとんどの海岸線は工事中などの理由で近づけないこと。
道が壊れたままや橋が落ちたままで、まだ迂回路を通らなければいけない場所が何ヶ所もあること。
避難区域は町の時間がそのまま止まった様な状態であること。
奇跡の一本松は本当に奇跡的に残ったんだと改めて感じたこと。
景色は文字通り一変したんだということ。など。

まだ消化しきれないくらいたくさんのことを感じてきました。
撮ってきた写真は、改めて全体をまとめて、どこかで発表したいと思います。
その際には、またお知らせします。
とりあえずは、明日から一週間よろしくお願いします!

[PR]
# by photofac | 2015-03-22 23:42 | 写真
今年もありがとうございました!
b0132351_1503941.jpg


今年は、あけまして、から
何もご報告しないまま
年末のご挨拶となってしまいましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今年わたしは、
房総半島のほぼ最南端で朝日を見たり、
“レジェンド”矢追純一さんと
とあるビルの屋上で文字通りのUFO(未確認飛行物体)を見たり、
白馬のスキージャンプ台の上から
恐る恐る下を覗き込んだり…
いろんな人と出会い、
いろんな経験をさせていただきました。

来年もたくさんの出会いや驚きがありますように。

皆さまも良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします!

Photo Factoryヤマシタチカコ
[PR]
# by photofac | 2013-12-30 15:03 | お知らせ
あけましておめでとうございます
b0132351_15915.jpg


遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。

昨年からなかなかblogを更新できていませんが
何かお知らせなどがありましたら
こちらでお知らせしていきたいと思いますので
きまぐれなUPにお付き合いいただければ幸いです。

今年一年が皆さまにとってきらめき溢れる一年になりますように。
本年もよろしくお願い致します。

              Photo Factory ヤマシタチカコ
[PR]
# by photofac | 2013-01-08 01:07 | 季節
秋風を感じて
いつまでも、暑い、暑い、と思っていたら
いつの間にか素足や半袖では寒いくらいに。
今年も残り4分の1。早いものですね。

今年は、ほとんどblogの更新ができていなくてゴメンナサイ。
でも、その間には自分にも、周りにも
たくさんの変化が起きていた時期でした。

その中で季節を感じた瞬間をダイジェストで。

寒さが和らいできた頃
満開の桜を見上げて
b0132351_1913186.jpg


ライトアップされた桜は
まるで花火のようでした。
b0132351_1914659.jpg


日差しの強い暑い夏は
大好きな桃や
(これは「蟠桃」という、変わった形の桃)
b0132351_1920369.jpg


カラフルなトマトを食べて、乗り切りました。
b0132351_19213457.jpg


8月の終わりには、ブルームーンに願いを込めて。
b0132351_19235963.jpg


暑さとともに波乱も収まり
実り多き秋になりますように。
[PR]
# by photofac | 2012-09-27 19:37 | 季節
年始から、泣き笑い
今年最初の観劇は、
9日から赤坂ACTシアターで上演されている「スパマロット」。

知る人ぞ知る、モンティ・パイソンの名作舞台の日本版。
翻訳もの、しかも、コメディでミュージカル…
どうなるんだろうと思っていましたが、
現在の日本人にわかりやすい内容に書き換えられていて
しかも主演のユースケ・サンタマリアさんをはじめ
出演者は個性派ぞろい。
終始軽やかな笑いに包まれて、
年始からたくさん笑わせてもらいました。

語源となった、SPAMがスポンサーに。
スパマロットオリジナル缶も!
b0132351_23155592.jpg



そして、去年から気になっていて
やっと見に行った映画が「エンディングノート」。
がんを宣告されたまじめな父親が、
最期のときに向かって自らの人生を段取りしていく姿を
娘の視点で追ったドキュメント。

娘であり監督の砂田麻美さんが自らナレーターを務めているのですが
その声がとても愛らしく優しい。
悲しいのだけれど、とても愛に溢れた作品。
知らない家族なのに、見終わった頃には
この砂田家のことが大好きになるくらい。
エンディングに流れるハナレグミの声もまた優しい。
とても素敵な映画でした。
[PR]
# by photofac | 2012-01-17 23:34 | ライブ/舞台


ファン申請

※ メッセージを入力してください